水着や背中があいたドレスを着る時に、気になるのが背中の毛ですよね。

しかも、ニキビが見つかった時にはさらにテンションがだだ下がりに…。

そういった時に、背中を脱毛してみようかなと思われたかたも多いのではないでしょうか。

でも、背中脱毛するとニキビが悪化するって聞いたけど本当かな?

じゃあ、背中脱毛はニキビが治ってからの方が良いのでは?

逆に背中脱毛すると、ニキビ跡がキレイになるって噂もチラホラ…。

背中脱毛後の疑問点やニキビを防ぐお手入れ方法など、背中脱毛とにきびの関係について調査してみました。

背中脱毛するとニキビが悪化する?

背中脱毛すると、ニキビが悪化するって聞いたことありますか?

結論からお伝えすると、基本的に脱毛することで通常のニキビが悪化することはありません。

その前に、なぜ背中のニキビができやすいかを理解しましょう。

背中のニキビの原因

  1. 背中は汚れが溜まりやすい
  2. 背中は汗が溜まりやすい
  3. 背中はお手入れがしにくい

1.背中は汚れが溜まりやすい

背中は、目で確認することができないのと、手が届きにくい部位なので、キチンと洗ったつもりでも洗い残しがある場合も…。

さらにシャンプーやリンス・コンディショナー・トリートメントなど、髪をケアしたあとのすすぎ残しが、背中にとどまることになれば、ニキビの原因となるアクネ菌の栄養源となり、ニキビが出来やすい環境になります。

あと、髪の毛は汚れやニオイが付きやすいもの。

髪に着いた汚れや髪の毛先が、背中やおでこ・肩などに触れることで、皮膚を刺激しニキビの原因になることも…。

背中は想像以上に、ニキビができやすい部位なのです。

2.背中は汗が溜まりやすい

背中は、身体のなかでは比較的皮脂腺が多い部位なので、皮脂の分泌も活発になりやすいです。

さらに、普段は下着や服で覆われているので、通気性も悪くなりますよね。

おまけに、仰向けで寝ているかたは、どうしても背中に汗をかきやすいです。

皮脂と汗やほこり・雑菌などが背中の毛に付着・滞留することで、ニキビが出来やすくなります。

3.背中は、お手入れがしにくい

背中は、顔や腕などのように化粧水や保湿液を塗りにくいですし、そもそも普段背中をケアするという意識が無い方も多いのでは?

お肌をキチンとケアしなければ、にきびができるのも仕方ありませんよね。

以上、3つが背中のニキビができやすい主な理由です。

背中脱毛で、ニキビの発生をおさえる

では、なぜ背中脱毛すると、ニキビが出来にくくなるのでしょうか。

それは、背中脱毛することにより、毛穴が引き締まるので、皮脂や汚れが詰まりにくくなるからです。

さらに毛自体もなくなるので、汗やほこりなどが付着・滞留することがなくなるので、ニキビの発生を抑えることにつながるという訳なのです。

毛嚢炎

よく、「背中脱毛後にニキビが増えた」といわれる話は、実はニキビができたのではなく、毛嚢炎(もうのうえん)になってしまったというケースがほとんどです。

脱毛のレーザーの熱によって、毛穴が殺菌されてしまうとバリア機能も弱くなってしまい、炎症を起こす場合があります。

毛穴の周囲に痛みを感じたり、赤くなったり、ニキビのようになることもあります。

これが毛嚢炎です。

毛嚢炎を防ぐために、脱毛後は背中を清潔にし、保湿ケアに努めましょう。

ニキビを治してから脱毛するべきか

背中脱毛がニキビを悪化させると思われたかたは、ニキビを治してから背中脱毛したほうが良いのではないか?と思うかもしれませんが、こちらも程度にもよりますが、あまり気にする必要はありません。

背中に白いニキビがポツリポツリとあるような程度だと、サロンによってはカウンセリング時に状態を確認した上で、問題ないと判断されれば、脱毛の施術をしてくれます。

シミやニキビ跡も同様に、程度が小さければ、施術してくれます。

また、ほくろやあざ・ケガなどは事前に専用の小さな保護シートを貼られます。

専用の保護シートが貼られた場所や色素沈着の強い場所は避けてレーザーを照射してもらえますので、脱毛前にニキビをすべて治す必要はありません。

施術不可のニキビ

程度の軽いニキビであれば、背中脱毛は可能ですが、以下の状態であれば脱毛は控えましょう。

  1. 白ニキビの毛穴が開き、酸化した皮脂などで黒く見える黒ニキビ。レーザーの光が毛だけでなく、黒ニキビにも反応してしまいます。
  2. 白ニキビが悪化して、赤く腫れて炎症が起きている赤ニキビ
  3. 背中の広い範囲で発生しているニキビ

このような状態の時は、脱毛を控えたほうが無難ですが、どうしてもトライしてみたいかたは、一度サロンの無料カウンセリングを受けてみることをおススメします。

背中脱毛するとニキビ跡がきれいの噂について

背中脱毛すると、ニキビ跡がキレイになるって噂を聞いたことありますか?

ネットなどにも、「脱毛エステサロンで背中脱毛すると、フォトフェイシャル効果できれいになる」などの記事が…。

実は、脱毛で使用するレーザーとニキビ跡やほくろを消すレーザー治療は、全くの別物です。

脱毛で照射されるレーザーは、毛だけに反応するように設定されているので、肌には影響しません。

なので、背中脱毛でにきび跡がなくなり、美肌効果があるという話は、正確ではありません。

あくまでも、背中脱毛により背中の毛がなくなることで、にきびが発生しにくくなり、結果としてきれいな肌の背中になるというのが、正しい考え方なのです。

背中脱毛後のニキビを防ぐお手入れ方法

では、最後に背中脱毛後のニキビを防ぐお手入れ方法について記載します。

汗を溜まらせない

上述しましたが、背中は寝ている間や、服を着ている間も汗をかきやすい状態にあります。

また、身体の中でも比較的、皮脂の分泌が活発な部位ですので、汗をかいた時にはこまめに汗を拭きとったり、着替えるようにしましょう。

背中を清潔に

お風呂場ではナイロンタオルなどでゴシゴシ洗わず、シルクや綿など天然素材でできたタオルでやさしく洗いましょう。

ボディソープも十分に泡立ててから洗うようにしてください。

背中の肌を強くこすると、肌荒れから角質が剥がれやすくなり、ニキビの原因にもつながってしまいます。

保湿ケア

背中も顔や腕・足と同じように、保湿ケアに努めましょう。

手が届かない場合は、ご家族の方にお願いするか、背中にクリームや軟膏をぬる道具も販売されていますので、そちらを利用しましょう。

まとめ

  • 背中脱毛しても通常のニキビであれば、悪化することはありません。
  • 背中のニキビが出来やすいのは以下の3つが主な理由です。
    1. 背中はシャンプーなどの洗い残しがアクネ菌の栄養源となることで、にきびができやすい。
    2. 背中は皮脂の分泌が多い部位なのと、汗が溜まりやすいことで、にきびが出来やすい。
    3. 手が届きにくい部位なので、お手入れがしにくい。そもそも、背中のお手入れという意識がない人が多い。
  • 背中することで毛穴が引き締まり、ニキビの発生をおさえることができます。
  • 背中脱毛後にニキビになったという話のほとんどは、毛嚢炎(もうのうえん)によるものです。
  • 程度の小さな白ニキビであれば、ほとんどのサロンで脱毛してくれます。
  • ですが、以下の場合は脱毛を控えたほうが無難です。
    1. 白ニキビの毛穴が開き、酸化した皮脂などで黒く見える黒ニキビ。
    2. 白ニキビが悪化して、赤く腫れて炎症が起きている赤ニキビ。
    3. 背中の広い範囲で発生しているニキビ。
  • 背中脱毛すると、にきび跡がきれいになるというのは、正確ではありません。脱毛で使用するレーザーとニキビ跡やほくろを消すレーザー治療は、全くの別の物です。
  • 背中脱毛により背中の毛がなくなることで、にきびが発生しにくくなり、結果としてきれいな肌の背中になります。
  • 背中脱毛後のニキビを防ぐお手入れ方法は以下の3つです。
    1. 汗をかいた時にはこまめに汗を拭きとったり、着替えるようにして、背中に汗を溜まらせないようにしましょう。
    2. 背中を清潔に保ちましょう。天然素材のタオルでやさしく洗いましょう。
    3. 背中も顔や腕・脚と同じように、保湿ケアに努めましょう。

★背中脱毛で参考にしたい記事★

背中脱毛は事前処理できない?シェービング無料でやってくれるか