アンダーヘア 処理

アンダーヘアの処理って、めんどうくさいですよね?

IラインやOラインは直接見えにくいですし、Vラインでも定期的に処理するのはけっこう大変…。

おまけに処理した後は、チクチクしたりカユくなったりして、だんだんとおっくうになってしまう…。

そんなかたは、アンダーヘアの処理を「はさみなどを使っていることが原因」だってご存知でしたか?

アンダーヘアの処理は、ちょっとした工夫でカユミを抑えることが出来るんですよ。

今回は、アンダーヘアの正しい処理方法についてまとめてみました。

アンダーヘアを整える際に危険をともなう行為

可愛い下着や水着を着た時に、ムダ毛がチョロッと出てしまった…。

友達同士であれば、笑い話で済むかもしれませんが、相手が彼氏やパートナーであれば、ちょっと引かれてしまうかも…。

そこで、普段のケアが大事なのは、言うまでもありませんよね。

ただ、アンダーヘアを整える際には、注意が必要なんです。

危険を伴う行為をまとめてみました。

毛抜きで毛を抜く

毛抜きでアンダーヘアを抜くことは、絶対にしてはいけません。

毛抜きを使ってムダ毛を抜くと、以下のトラブルにつながる可能性が高いです。

埋没毛(まいぼつけもう)

通称「埋もれ毛」とも呼ばれていて、皮膚の外に出ることができず、皮膚の中で成長していく毛のことをいいます。

一度、埋没毛になってしまうと処理が非常に難しくなります。

皮膚の中にあるので、抜くことや剃ることができないからなんですね…。

毛抜きを使うと、途中で毛が切れたりすることで、埋没毛の原因になります。

なので、毛抜きを使用することはやめましょう!

毛嚢炎(もうのうえん)

毛嚢炎とは、毛穴に雑菌が入り込むことで、小さな白にきびのような状態になることです。

毛抜きで抜くことで、毛穴が広がりそこに雑菌が入ることで、毛嚢炎になる場合があります。

毛穴が汚れる

毛嚢炎にまではならなくても、毛抜きでムダ毛を抜くことで毛穴が広がり、そこから皮脂や汚れが入り込むことで、黒ズミの原因に…。

色素沈着を引き起こす

肌は、刺激が加わることでメラニン色素を生成します。

毛抜きを頻繁に使用することで、肌に刺激を与え、色素沈着の原因に…。

毛抜きは、肌にとって良いことは何もないみたいですね。

ハサミで切る

「では、ハサミで切ればいいのでは。」と思われましたか?

はさみの使用も注意が必要なんです。

手元が狂って肌にダメージを与える可能性がありますし、デリケートゾーンを傷つけてしまうと大変なことに…。

ハサミの使用も控えたほうが良さそうですね。

カミソリで剃る

カミソリで剃ることもおすすめしません。

T字のシェーバーを使用したとしても、肌を傷つけることもあります。

すると、肌が乾燥したり色素沈着を起こすなど肌への負担が大きくなってしまいます。

チクチク・かゆみの原因とは

アンダーヘアを整えた後って、チクチクしたり、かゆくなったりしませんか?

実はそれには、以下の原因があるからなんです。

アンダーヘアの断面が尖っている

通常、アンダーヘアに限らず毛の先端は細くなっていますよね?

毛先が細くやわらかいので、肌にあたっても痛くはありません。

しかし、はさみなどでアンダーヘアを処理すると、どうしても断面が尖ってしまいます…。

なので、毛の尖った断面が皮膚に触れることで、チクチクと感じてかゆくなってしまいます。

カミソリで処理されたアンダーヘア

カミソリなどでムダ毛を処理してしまうと、皮膚の表面を傷つけてしまうことも…。

すると肌荒れを起こし、かゆみを伴ってしまいます。

また肌の表面からカットされたムダ毛が、成長していく途中で周りの皮膚を刺激して、痒くなることも…。

アンダーヘアの処理を経験されたかたも、これらのことが原因でデリケートゾーンのケアをあきらめてしまったかたも多いのではないでしょうか?

ヒートカッターでの陰毛処理がおすすめ

そこで、おすすめなのが、ヒートカッターを使っての陰毛処理です。

ヒートカット、つまり熱でムダ毛をカットする道具を使って、アンダーヘアの処理をします。

ヒートカッターのメリット

熱の力で陰毛をカットすることで、切った断面が尖らず丸くなります。

毛先が丸いと、肌にあたったときでもチクチクせず、カユミも伴いませんよね。

また、市販で販売されているヒートカッターのほとんどは、刃にあたる部分がくし(コーム)のようなガードで覆われているため、肌を傷つける恐れもありません。

ヒートカッターのデメリット

熱で毛を焼け切るので、処理中は毛の焦げたニオイが発生してしまいます…。

なので、ヒートカッターを使用する際は、換気したほうがいいですよ。

また、火傷の可能性もあるので、ヒートカッターをあまり肌に近づけすぎないように、注意しましょうね。

ヒートカッターの使い方

ヒートカッターの使い方は、非常に簡単です。

  1. ヒートカッターの電源をONにする
  2. 切りたい毛を少し引っ張り気味につまむ(ヒートカッターのガード部分に入る毛の量に注意)
  3. 切りたい長さのところに、ヒートカッターの電熱線部分に当てる
  4. 電熱線の熱により、毛がプチッと切れる
  5. 手に持った毛をそのままゴミ箱にポイする

以上のような流れで、アンダーヘアを処理していくと、好みの長さに調節できムダ毛の切り口も尖らずチクチクしません。

ヒートカッターのおススメ通販

ヒートカッターは、通販で簡単に購入できます。

Vラインヒートカッター ルパ(LUPA)

 

商品概要

「Vラインヒートカッター ルパ」は、ビキニラインケア専用の乾電池式ヒートカッター。

毛先を熱で焼き切るヒートカット方式なので、チクチク地獄やビキニからのツキ出し羞恥から開放されます。

LEDのライトが内蔵されているので、細かい部分や暗い所でもよく見えます。

カットしたい部分を長めのクシを使ってすくい、お好みの長さに調整、しかも均一に。

熱線をクシがガードし、直接肌に触れない安心・安全設計。

スリムなので手にフィットします。

製品仕様
  • 電源:単3アルカリ乾電池2本(別売)
  • サイズ:約178x直径20.8mm
  • 重量:(約)33g(電池含まず)
  • 材質:ABS樹脂
  • セット内容:本体、専用ポーチ(収納巾着袋)、専用掃除ブラシ
  • 色:カモフラージュ、ヴィヴィッドピンク、ゼブラ、パールブラック、ヒョウ柄、ボタニカル、ホワイト、レオパードハート、チェック、ストライプ
価格

1,500円前後

会社情報

会社名:TANNEMI株式会社

住所:〒175-0083 東京都板橋区徳丸6-49-8 FRSPビル3F

☑⇒Vラインヒートカッター ルパ(LUPA) 購入サイト

ラヴィア Vライントリマー フローラ

商品概要

「ラヴィア Vライントリマー フローラ」は、ビキニラインケア専用の充電式ヒートカッターです。

リチウムイオン電池を使った充電式のため、毛質を問わず硬い毛もラクに処理

熱に強いPC樹脂(ポリカーボネイト)製で、ビキニラインを楽に整えられる独特の形状。

スイッチをスライドしてONにし、そのまま15分保つことができます。

商品特徴

  • 切り口がまるくなるので、ハサミやカミソリでの処理にくらべてチクチク感を抑えた優しい仕上がりに。
  • くし部分(開口部)が広いので、一度に多くのアンダーヘアをカット。
  • 充電式なので、ビキニラインの硬い毛質や毛の量が多めでも、しっかりとカットすることができます。
  • 寿命によって断線した場合でも、カートリッジを交換するだけで修理依頼をせずに使い続けることができます。
  • 長期のメンテナンスを約束する「メンテナンスカード」が付き。
製品仕様
  • 電源:充電式 定格電圧AC100V-240V 50-60Hz(リチウムイオン電池使用)
  • カットできる本数:30本程度
  • 連続使用時間:約15分×2回(フルチャージした場合)
  • 断線の場合:カートリッジ交換(1枚は付属)
  • 海外での使用:100V-240V電源で充電可(充電しながらの使用は不可)
価格

9,000円前後

会社情報

会社名:興栄工業株式会社

住所:〒114-0011 東京都北区昭和町3-1-2

☑⇒ラヴィア Vライントリマー フローラ 購入サイト

短すぎると下着から毛がはみでることも…

ヒートカッターで、ジョリジョリ気持ちよくムダ毛を処理できるので、ついついアンダーヘアが短くなってしまう…。

今まで、はさみやかみそりで処理されていた方も、思った以上に短く切ってしまったことはありませんか?

アンダーヘアも長いとアソコのにおいがきつくなりがちですが、短すぎると逆に下着から毛がハミ出たり、ひどい場合は下着を突き刺したりなんてことも…。

なので、だいたいアンダーヘアの長さは、2cmくらいが一番おさまりが良いようです。

ご自身で処理するのは大変だと思いますが、きれいなVゾーンを維持して来るべきタイミングに備えましょうね。

もし、VIOを脱毛したいなら、こちらの記事も参考にしてみてください。

チェック⇒アンダーヘアの毛が長すぎると臭い?男性はどう思っているのか調査!