ミュゼなどの脱毛エステサロンで、脱毛するさいに注意すべき点はどこかご存知ですか?

これを知っておかないと、せっかくミュゼで予約を入れていたとしても、脱毛の施術を断られることも…。

それは、実は「乾燥肌」なんです。

脱毛の施術を受ける際には、他にも注意すべき点はたくさんありますが、意外と大事な「肌の乾燥」。

この記事では、脱毛と乾燥肌の関係や肌の乾燥を防ぐ方法、乾燥以外の肌トラブルについてまとめてみました。

 

★乾燥肌が気になっている場合にはまずはワンコインで試せるお得なミュゼでお試し脱毛をしてみることをおすすめします。ダメだったとしてもたったの100円!★

「ミュゼ」公式サイトへ

乾燥肌だとミュゼで脱毛できない?

脱毛の予約を入れていたにも関わらず、肌の乾燥が理由で施術を断られた…。

そんな経験談を聞いたことはないでしょうか?

確かにミュゼの公式サイトにも、お手入れできない条件として以下の記載がありました。

肌が乾燥している。

引用元URL: https://musee-pla.com/faq/conditions/

乾燥肌では脱毛できないという噂は、本当だったのですね。

なぜ乾燥肌では脱毛できない?

どうして、ミュゼのような脱毛サロンでは、乾燥肌の状態での脱毛はできないのでしょうか?

せっかく脱毛エステサロンに予約まで入れて訪問したので、少しくらい肌が乾燥した程度でも施術してくれてもいいような気がするのですが…。

実は、肌が乾燥していると、脱毛の施術を受ける私たちに危害が及ぶ可能性あるからなんです。

痛みを感じやすくなる

肌が乾燥すると、皮膚のバリア機能が低下し、外部からの刺激を感じやすくなります。

そのような状態だと、脱毛の施術で照射される光に対しても敏感に反応してしまい、痛みを感じやすくなってしまいます。

そのために、どうしても照射される光の出力を弱める必要があり、その結果脱毛の効果が表われにくくなるという訳なのです。

さらに乾燥がすすむ

また、肌が乾燥している状態で、脱毛の光があたると水分が蒸発してしまうので、肌の中で炎症をおこしてしまうこともあります。

その結果、さらに乾燥が進むという悪循環に…。

ですから、ミュゼ含め脱毛エステサロン側としては、お客様に不利益になるような事態を避けるため、「肌が乾燥している」かたの脱毛施術をお断りしているのです。

どの程度の乾燥肌なら脱毛可能か

しかし、「乾燥肌」と一口に言っても、どの程度なのか基準がハッキリしないと思いませんか?

なので、直接ミュゼプラチナムに確認してみました。

管理人疑問

管理人:お手入れが出来ない条件として、「肌が乾燥している」とのことでしたが、どの程度であればダメなのでしょうか?何か基準みたいなものがありますでしょうか??

スタッフ

ミュゼプラチナム:スタッフ判断になりますので、ご来店時ご相談ください。

うーん、水分量などを測った上で判断するという訳ではなく、あくまでも店舗のスタッフの判断が基準になるようですね。

乾燥肌の基準

一般的に、肌の水分量が30%以下の状態や、水分や油分の調和が取れていない状態のことを乾燥肌と呼ぶそうです。

しかし、専用の計測器を持っているかたはほとんどいないと思います。

であれば、以下の項目に当てはまる場合は、自分は「乾燥肌」であると認識したほうがいいです。

  • 粉を吹いている
  • 痒み(かゆみ)がある
  • 赤みをおびている
  • 触るだけで痛みを感じる
  • 肌のキメがよくない

20代後半になると、正常な角質層を維持することは難しくなり、誰でも徐々に乾燥肌に移行していくようです。

乾燥肌は防ぐ方法とタイミングが大切

肌の乾燥は脱毛にも大敵だったのですね…。

では、次に乾燥肌を防ぐ方法についてまとめてみます。

保湿が一番

やはり、乾燥肌を防ぐには普段の保湿が欠かせません。

お風呂上りには、たっぷりと乳液や化粧水を使って、肌をケアしてあげましょう。

その際は、セラミドや保湿力にすぐれたヒアルロン酸などが入ったものを使用しましょう。

もちろん、身体を洗う時もナイロンタオルなど刺激の強いものを使って、ゴシゴシ洗うのは厳禁。

ボディーソープをたっぷり泡立ててから、やさしく洗いましょう。

それから、普段の部屋の湿度にも気をつけてくださいね。

特に、冬場や夏のエアコンが効いた場所では空気が乾燥しがちに…。

モデルや女優さんは、1年中部屋の中で加湿器をつけているとか…。

脱毛に限らず、肌ケアを怠るとステキな女性にはなれないということなんですね。

肌ケアのタイミングも大事

肌の乾燥が気になるのは、秋から冬にかけての季節ではないでしょうか?

逆に春から夏にかけては、あまり気にしない人も多いかもしれません。

実は、春夏にきちんと肌のケアをしておかないと大変なことに…。

春や夏に受けた紫外線の影響で、秋や冬にシミの原因になったり、肌荒れ・乾燥にもつながっていきます。

なので、もちろん秋・冬の保湿ケアも大事ですが、春夏にもきちんと肌ケアをしていきましょう。

ミュゼで脱毛を断られる肌トラブル5選

このような乾燥肌を防ぐ方法を継続しておけば、ミュゼで脱毛を断られることはないでしょう。

でも、安心するのはまだ早いです。

乾燥肌以外でミュゼのような脱毛エステサロンで、脱毛を断られる肌トラブルはあるのでしょうか?

ミュゼの公式サイトで確認してみると以下の場合も、脱毛をお断りする場合があると記載されていました。

1.お手入れ箇所の日焼け

日焼けをしている肌は、肌に炎症がある状態です。元のお色に戻るまではお手入れをお休みしていただいています。また、日焼け後は乾燥しやすいため日ごろから保湿ケアをお願いいたします。

引用元URL: https://musee-pla.com/faq/conditions/

ミュゼのような脱毛エステサロンや医療脱毛クリニックは、日焼けした肌への脱毛施術はお断りされるケースがほとんどです。

何故かというと、脱毛サロンやクリニックで照射される光(レーザー)は黒い色(メラニン色素)に反応するという性質を利用して、毛根に熱を加え毛細胞にダメージを与え、毛を生えてこなくするからです。

なので、肌が黒いと皮膚自体にも熱が広がり、やけどや赤み・腫れなどにつながってしまうという訳なのです。

脱毛をしようと決めてからは、極力日焼けをしないように注意しましょう。

2.傷跡・にきび・痣(あざ)

傷跡などを避けてのお手入れ、またはお手入れが出来ない可能性があります。

引用元URL: https://musee-pla.com/faq/conditions/

意外と盲点である傷跡やにきび・あざですが、こちらも日焼けと同様の理由で脱毛できません。

3.アトピー肌

肌状態が安定していればお手入れ可能ですが、お薬を塗っている場合はお手入れできません。

引用元URL: https://musee-pla.com/faq/conditions/

アトピーも肌も安定していないと、脱毛は難しいです。

4.ケロイド体質や光過敏症など

肌が極端に弱い、ケロイド体質、光過敏症、その他皮膚に何らかの異常がある場合お手入れできません。肌が弱くご心配な場合は、カウンセリング時にご相談ください。

引用元URL: https://musee-pla.com/faq/conditions/

ケロイド体質や光過敏症なども、ミュゼで脱毛するのは難しいようです。

5.ヘルペス

お手入れ箇所にかかわらず、ヘルペスが完治されるまでお手入れはできません。

引用元URL: https://musee-pla.com/faq/conditions/

ヘルペスには代表的なものとして、口唇ヘルペス性器ヘルペスがありますが、お手入れ個所に関係なく完治されるまでは脱毛できません。

ミュゼ以外の脱毛エステサロンで脱毛するさいも、この5つの項目に当てはまる場合は、注意が必要です。

脱毛後に乾燥を防ぐために保湿対策も大切

ミュゼ脱毛前の肌ケアはもちろん大事ですが、脱毛後の肌ケアはさらに大事です。

脱毛は肌に光(レーザー)を照射することになるので、施術中に痛みを感じなくてもお肌に負担が…。

しっかりと保湿対策に努めましょう。

1.乳液や化粧水・ボディークリーム

ミュゼなどの大手脱毛エステサロンでは、脱毛後に施術部位を乳液やボディクリームなどを使ってくれます。

脱毛エステサロン内で販売されているものを使用しても良いですし、普段使っているものでも問題ないかどうかをスタッフの方に聞いてみてもよいでしょう。

脱毛直後は、たっぷりと使用して念入りに保湿に努めましょう。

★参考⇒ミュゼ脱毛後の保湿ケア方法【薬局で買えるおすすめ市販品も】保湿しないとどうなる?

2.脱毛当日は、シャワーのみ

乳液などを使用した保湿も大事なのですが、その前段階も大事です。

脱毛直後は、肌が熱を持っています。

その状態であついお湯につかると、身体の中で熱がこもりやすくなり、赤みやかゆみの原因にもなる場合があります。

脱毛当日は、ぬるめのシャワーで済ませましょう。

★参考⇒医療脱毛をした後にいつから温泉や岩盤浴に行ってもいいの?

3.ゴシゴシ洗わない

脱毛後は、お肌がデリケートな状態になっています。

身体を洗うときも、ボディーソープをたっぷり泡立てて、包み込むようにやさしく洗いましょう。

決してナイロンタオルなどで、ゴシゴシ洗わないように注意しましょう。

肌の乾燥にもつながりますので。

肌の乾燥を防いで、脱毛にチャレンジしてみてくださいね。

まとめ

  • ミュゼのような脱毛エステサロンで、脱毛するさいは「乾燥肌」に注意しましょう。
  • せっかく予約を入れたのに、「乾燥肌」の状態次第では、脱毛を断られる場合があります。
  • なぜ、乾燥肌では脱毛できないかというと、
    1. 皮膚のバリア機能が低下することで、痛みを感じやすくなる
    2. 照射される光によって、皮膚の水分が蒸発するので、さらに乾燥肌になるという悪循環になるから
  • 脱毛できるかどうかは、店舗スタッフの判断になります。
  • 以下の項目に該当するかたは、乾燥肌であると思って間違いないです。
    1. 粉を吹いている
    2. かゆみがある
    3. 赤みをおびている
    4. さわるだけで痛みを感じる
    5. 肌のきめがよくない
  • 乾燥肌を防ぐには、以下の2点が重要です。
    1. 普段の肌ケアや部屋の湿度にも気を付ける
    2. 秋冬だけではなく、春夏から肌ケアに努める
  • ミュゼでは、以下の肌トラブルも脱毛を断られます。
    1. お手入れ部位の日焼け
    2. 傷あと・ニキビ・アザ
    3. アトピー肌
    4. ケロイド体質や光過敏症など
    5. ヘルペス
  • 脱毛後はさらに保湿対策が大切です。
    1. 乳液や化粧水による保湿
    2. 脱毛当日は、シャワーで済ます
    3. ごしごし洗わない
  • 乾燥肌を防いで、脱毛にチャレンジしましょう。

★乾燥肌が気になっている場合にはまずはワンコインで試せるお得なミュゼでお試し脱毛をしてみることをおすすめします。ダメだったとしてもたったの100円!★

「ミュゼ」公式サイトへ